受贈詩書2018


●15年ほどの間、都内を中心に食べ歩いた成果を記録しているが、寄る年波にかてず、現在は、月に数件というありさまである。
そんなことで、ベストテンは過去のものとなっている。生き残っている店はそう多くはない。
●その後、さらに実食は減って年10回程度になっているが、機会を見つけては食べ続けている。
●近頃のラーメンと言う食べ物は、歴史や社会性とは関わりなく、珍奇な食べ物になりつつあるようだ。
もう、ラーメン選手権とかは開催されることはないだろう。

らーめんすくらんぶる




●佐野実氏死去

[支那そばや」創業者の佐野実氏が死去とのことである。63歳で多臓器不全が死因。この国のラーメン全盛期に、醤油ラーメンの正統なレシピで一世を風靡し、「ラーメンの鬼」と呼ばれ、その風貌は強面で、数々のテレビ番組に登場した。わたしのHP{

らーめんすくらんぶる」には、そのラーメン全盛の頃の懐かしい食した一覧があるが、やはり一時代が終わったのかなとの感慨がある。本店にはいかなかったが、「ラーメン博物館」出店やイベント出店、そして池袋西口に出店の際には、実際に店に出張って、鋭い眼で見守っているのに出くわしたことがある。残念ながらその店は数年と持たなかった。(池袋という激戦区では大変なことであるが)因みにその場所はラーメン屋が何店も入れ替わっている。現在のラーメンの情況は、多くの愛好者に求められているものの、何でもありの、奇をてらったりしたものが多く見られ、身体の体調もあり、時々楽しむだけになっていて、ページの更新もしていないが、佐野氏のあまりに若い死去の方で喚起された次第である、ご冥福を祈ります。



随分以前からラーメンのページを予告しておきながら果たせないで来た。

2002年には、殆んどこれまでの集積をデータ化してあったのだが、

個人的な好みの問題でもあるので、伸び伸びになってきたのだった。

いよいよここでページの開設をすることにする。

当初から「増殖するラーメン・ランキング」として1995年頃から開始したもので、

ほぼ10年間のことである。

東京都内(24区内)を中心に、一部埼玉、千葉、神奈川が含まれる。

ある意味では都市論でもあり、この国の戦後をあぶりだす食文化の面からも貴重な切り

口になると考え、日々に口にしてきたものである、ととりあえず言って置きたい。

しかしながら、仕事関係による地域的な偏りもあって、都内にしても平均的に網羅してい

るわけでなく、あくまで個人的な限界と、年齢(61歳)による身体的限界も含めて、

極めて個人的な世界になるかもしれない。とお改めて断りしておくことにしょう。

(追補)前書きでも分かるように、この頁開設は、7年前のことである。やはり私の身体的な

状況もあり、どんどん遠征、実食、更新というわけにはいかないが、興味と情報という

意味で、継続することにした。

このところラーメン業界の変遷は、なかなか予想のつかない方向に動いているように思われる。

今は、身の回りのことに楽しみを感じている。



《メモランダム》

2015年

9/20「あしなや」醤油らーめん520円鎌倉・創業79年という中華屋さんだが、シンプルなラーメンで、これなら毎日でも食べられるな、と思った。

8/  

8/  「ほうきぼし」赤羽の女性店長の店、ときどき行列ができている。今回はランチパスポートを利用しての食500円なり、納豆入りの汁なしねばねばで、これはこれでいいな。

6/  「白樺林」東武百貨店

2014年 


2013年 年10食程度。もっぱら家食。


2012年 年10食程度か、新製品の販売がつづく5食入り袋麺を良く食べた。

1/14「麺家いろは」富山ブラック 780円池袋東武スパイス11F醤油に特徴のあるスープからのネーミングだが、コクのあるスープと麺がマッチングしていて久々においしいと思った。

1/25「麺の坊砦」 渋谷 醤油700円 開店10年あまりのとんこつの専門店だが、醤油もあって、今回はそれを食べることにした。スープはダブルスープのようで、麺との相性もそこそこのものだと思う。

2011年

4/15「0kura」は今年に入って閉店した。ビーフカレーが好きでたまに寄っていたのだが、リニューアルでカレーが無くなり、つけ麺が加わったりしていたが、ついに閉店となった。

と、思っていたが、同じ場所に、やはり目立たない感じで「わたぼうし」?が開店、さっそく入ってみたが、インパクトのあるメニューはなく、「まぜそば」の数種。しょうゆラーメン650円を注文したところ、量少な目、トッピングがのりともやしだけという具合で物足りない。店主は女性であった。

11/18「わたぼうし」赤羽志茂 このところ休日の度に行列が出来ていて、開店早々に一度入った時にはオーソドックスに「醤油らーめん」をたべたのだったが、あまり感応しなかった。ウリがつけ麺なので、その内にと思っていたところ、大ブレークのようだ。未成年の女性店主とお母さんで経営しているとのことで、それも話題の一つなのではないか。今日は、汁なし坦坦麺やつけそばでなく、「坦坦麺」を食べたが、共通する自家製麺の中太麺が食感もよく、スープとの関係も良かった。次は限定という「裏メニュー」も食べてみたい。

2010年

1/19「大ふく屋」赤羽東口 重厚中華そば760円

1/28「Okura」赤羽神谷・醤油700円

2/24「Okura」赤羽神谷・醤油700円

5/3「金字塔」赤羽・塩つけめん750円

5/19「金字塔」赤羽・塩そば700円?細麺で焙りチャーシュー、太めの支那竹は味も良い。サービスの餃子は

大きいのが3個350円付けられているコ―ピ油の風味もよい。

大ふく屋のあとに、「桧庵」が開店している。同系列と思われる。

2009年

1/13「大ふく屋」赤羽東口 重厚中華そば760円 前回の中華《アジぶし》のあっさりについで

重厚を食べた。豚骨、野菜、魚介のトリプルスープとのことで、どろりとした濃厚な味だが、麺と

のマッチも良い。10分前で4人待ち。

2/26「喜多方屋」東武練馬 喜多方らーめん620

3/12「大ふく屋」赤羽駅東口 重厚中華そば760円待ち時間なし。

4/20「虎」北区神谷 とんこつ600円

4/29「赤羽京介」とんこつ650円 スープはドロドロの感じだが、コクががあって美味い。

5/2「麺屋 頑徹」青梅 特製頑徹麺 750円 麺細めん、スープトリプルか? チャーシュー炙りでなかなか

良い。

5/11「赤羽京介」つけめん大盛り750円 麺が自家麺らしく歯ごたえもあって美味い。

5/20「伊藤」そば600円 王子の伊藤の出店とのこと。残念ながら王子の伊藤での味とは違うようである。

全く具のないのは同じだが、似て非なるもののような気がする。

6/11「青葉」中野本店 カップ麺(サッポロ一番) 久しぶりに青葉を味わいたくて買ってみたが、ダブルスープ

の雰囲気は味わえた。

7/6「向日葵」十条 つけ麺300g750円 久しぶりに昼に開いていたので、初めてつけ麺をたべた。

麺は太麺で歯ごたえあり、スープは濃厚ラーメンのスープのようであった。

7/22「伊藤」赤羽 肉そば750円魚介スープの匂いとチャーシューを楽しんだ。開店から大分時間が経って味が

安定してきたようだ。

7/31「大ふく屋」赤羽 重厚つけ麺 大盛り750円初めてつけ麺をたべたが、麺のふと麺と歯ごたえがあってなか

なかにうまかった。

8/16「龍龍」赤羽 龍龍麺とんこつ600円子どものお気に入りのとんこつラーメンで、スープをきちんといただきます。

8/21「一風堂」池袋 久しぶりに一風堂の白丸元味750円を味わったが、流石に洗練されたラーメンだと思う。

8/28「山頭火」北海道・滝川 しょうゆ750円 北海道での山頭火のラーメンもなかなかでした。

9/7「燦燦斗」東十条 らーめん200g 650円 偶然に行列があり、並んで見た。自家製麺で少し短めで太い。もっちりし

ていて、つけ麺もうまいだろうと思う。中盛りで300g、50円増し、大盛り400gで100円増し。ぼりーむ満点。

チャーシューが赤い色をしていて驚いた。が美味い。

9/13「武蔵」サッポロからの出店・東武池袋百貨店 味噌チャーシュー 1180円美味いが、いかにも高い。

9/19「虎」神谷 純製600円いつもの味、とんこつ。

10/2「おくむら屋」王子しょうゆ650円若い店員、なかなか良い。

10/8「生粋」池袋 醤油650円魚系のスープ・麺固めで美味い。もとさんまラーメンのあったところか?

10/10手打ちうどん「庄司」埼玉川島町・ 味噌煮込み900円 八丁味噌をつかったなかなかの、通常はつけうどんが主流。

10/29「赤羽京の介」赤羽駅ヨーカ―堂近く つけ麺、「武双」がスープ失敗とのことで、開店できず、いたしかたなく。

10/30「Okura」赤羽ダイエー(北本通り近く新店 醤油、塩の2点、700円、麺は細麺、スープよし、チャーシューとろとろ。

一日50食限りとのこと。スープ終わり次第閉店。日曜、祝日休み。牛筋煮込みカレーもあり800円。

11/2「冬馬」赤羽南 つけ麺

11/4「伊藤」赤羽 比内そば700円

11/18「虎」北区・神谷 純製600円


2005年


9/18「一文字」塩 700円・池袋・ラーメン名作座 チャーシュー美味し。

9/23「麺屋 黒船」埼玉与野 味噌650円 ちゃぶやの雰囲気がある。

9/25「らーめん工房 胡山」新店。赤羽 味噌に特徴750円、正油650円も美味い。

9/28「葫亭」北赤羽 葫らーめん700 普通。つぶのにんにくが5個ほど入っている。

10/5「伊藤」(豊島)肉ラーメン650円 自家製麺がしっかりしていて、無化調のスープ

も風味があり麺と良くあっている。

10/7「基甚(きじゃん)」川越・醤油650円、とんこつに魚介スープ黒くて驚くが以外にさっ

ぱり。チャーシューとろとろ、坦々麺680円も美味い。

10/9「インデアン」(豊島)支那そばセット800円 格別なものではなく、カレーの味独特だ

が甘過ぎて私の好みではない。

10/14「ぼたん」大塚駅北口・らーめん600円 九州系のとんこつ、細めん、チャーチュー

       美味し、しかしとんこつ独特のあの臭いが嫌いなので食欲がそがれる。

一番ひどかったのは「九州一番」、「よかろうもん」もかなり。

匂いに敏感な人は駄目です。

10/15「基甚(きじゃん」坦々麺680円 麺白く、胡麻の風味少し辛く味良し。

10/18「ホープ軒」大塚駅北口 ラーメン550円 とんこつ普通。

10/25「つけ麺処 くっちゃいな」環七沿い足立区中央本町5-11

つけざる(大盛)750円 中細縮れスープ熱々美味し ラーメン夜のみ650円

10/27「麺屋海神」塩味800円 麺やごとうの直ぐとなり池袋・立教大そば

21日開店、石神氏プロデュースの店、まだ塩味のみ、魚のアラを使い

具にエビ団子、鶏団子がかく1個、青菜と糸唐辛子、針生姜が載っている。

ダシ出ていて美味い。今後は予定されている醤油も期待できる。

でも、800円は高い。直ぐ近くの角にある、ちゃぶや系の「ぶしょうや」の

醤油550円は涙の出るくらいのものだ。

10/29「参珍」赤羽南2-16-2はたはたらーめん」850円 秋田はたはたのしょつるを使

った新しいラーメン。スープに甘みとコクがあり美味い。麺は細めの縮れ(王子製麺)

夏の開店時には地鶏らーめん600円を食べている。

10/29 「がんこ十二代」大塚駅北口直ぐ 5時過ぎいくも、客は誰もいず、醤油ラーメン

700円の中間を注文。さっぱりとしたスープで、

がんこのイメージが覆された感じがする。まあ美味いと言ってこう。

スープもしっかり飲んでしまったから。ワンタンメンも700円。

11/5「ぶぶか」神田・三崎町(元げんこつやの後)ラーメン550円

とんこつ背脂味良し、油そばの注文多し。 

11/6「蔦亭」東武デパート12Fしょうゆ750円、店員が思わず味噌と間違うような

色のスープ、薄いかなと思ったが次第に口に馴染んできて旨い。

地下食品街を歩いていて、以前12Fに出店していた「縁や」がB2にあることを発見した。

11/10「いちや」東武練馬駅前 醤油らぅめん(あっさり)630円ということでしたが、

スープしっかりコクがあっていい。

11/11「わ蔵」板橋本店(三田線新板橋)らめん1・5 650円 博多とんこつなかなか。

11/15「梅もと」豊島区雑司が谷 ねぎ豚らーめん700円 独特の豚肉が味わい深い。

11/16「粋家」赤羽駅構内 粋家ラーメン600円閉店間際に、狭い場所に従業員が

5人もいたのには驚いた。他のメニューが800円が高いわけだ。 

11/22「たけちゃんにぼしらーめん」黒五らーめん950円 新店、調布の出店。

代々木1-45-4山陽ビル

 麺が日本そばのようで、分厚いチャーシューに特徴。

メンマと辛い菜(わさび?)が美味い。

11/24「大沢食堂」白山5丁目 カレーらーめん並辛(ランチ割引)600円。

並でもほどよいからさで、今度はカレーライスの中辛に挑戦します。

11/26「瞠」豊島区東池袋1-31-16ラーメン700円 魚介風味のだしコク有全体のバラン

スが取れている。2度目。

11/27「がんぷ」北区豊島6-7-11 らーめん650円 とんこつ醤油 自家製の一味唐辛

子もいい。チャーシューわんたん1000円。

11/29「信濃神麺烈士洵名」文京区・春日 ラーメン650円麺2種類、シナチクかと思った

らキノコ、チャーシューも独特で旨い。

12/2「光麺」原宿店にて、熟成麺730円、道路一本隣に「山頭火」が12/1に出店してい

る。

12/4「福助」池袋ひかり町「ラーメン名作座」現在、冬季限定7つの味を開催中。

修学旅行の生徒で溢れていて、一番空いている「福助」で福助そば700円を賞味。

天童・山形ラーメン初めてだが、麺に味わいがある。

12/7「えちごや」埼玉・三原3丁目 らーめん500円、スーパー味噌があり気になったが次

にする。

12/9「びっくりラーメン」大正大学前・新店 らーめん180円、まあ普通のでき。

でも安いね。最近店舗が急激に増えている。三ノ輪、音羽にも。

12/14「胡山」赤羽 味噌らーめん750円 あわせ味噌の風味が出ていてなかなか。

12/21からクリスマス限定20食の塩が出るとのこと。2度目。

12/18「博多らーめん 虎」赤羽・北本通り とんこつ600円のみだが、ちぎりキャベツの

せがあり、随分と人気があるようだ。5、6度目か。

12/22「山頭火」原宿・12月新店 醤油らーめん700円 チェーン店

12/24「らーめん ゆめみ屋」白山下 醤油650円次は別なものを。

12/27「創作新麺 生粋」西池袋 らーめん650円さんまだし、旨いけれどにおいが

少し鼻につく。これは好き嫌いだね。

12/30「くるまやラーメン」環七・長井 味噌ネギらーめん735円旨いけれど

味が濃くてスープを飲めない。


2006年

1/4「らーめん とくや」神田駿河台 醤油600円細麺いまいち切れがない。

1/8「よってこや」赤羽 ねぎらーめん800円、別盛の九条葱がたっぷり。

1/14「和鉄」四谷三丁目、和風らーめん600円、なかなか良い風味で、麺に腰があり

つけ麺も旨いだろうと思う。

1/16「とんとろ」川越・城下町 こってり正油らーめん600円 昨年暮に出来た新店。

まあまあというところ。

1/17「麺処 中村屋」大和市下和田1207しょう油こってり750円は、器といい、焙りチャ

ーシューといい、細いメンマ、半熟煮たまご、スープと麺の一体化が、想像以上にいい。

開店5周年とのことで、来たいと想いながら5年経ってしまったということだ。

たまたま、綾瀬市に仕事ができたので、ついでに遠征してしまったという具合。

1/21「きじゃん」川越 しょう油650円

1/27「純連」高田の馬場・みそらーめん800円

1/31「麺喰い こぶし」池袋・サンシャイン近く 醤油650円 まあまあか。 

2/4「味噌屋 門左衛門」埼玉・富士見 北の大地ラーメン650円 新店味噌専門

九州・信州・北海道の3種の味噌味 旨し。

2/9「ちゃぶや」護国寺・みそらーめん800円

2/11「胡山」赤羽 しょう油650円 何度目になるか人の入りは良いみたい。

2/13「豚骨 一指弾」埼玉・大井町 とんこつ600円 麺が良い。メニューにつけ麺がない

が、この麺で食べてみたい気がする。

2/17「いちや」東武練馬・中間しょう油600円、麺が少し縮れていて歯ごたえがありバラン

スがよく旨い。線路際にあったのが移転で、最近開店したようだ。福井出身で5、6店の

展開がある。客の回転がいい。

3/7「いちや」東武練馬・こってり醤油650円

3/13「近喜屋」川越・南通町 醤油650円

3/22「五右衛門らーめん」大塚・醤油630円 新店好みではない。

3/20「花月らーめん」川越・650円

3/30「めんめん」佐野らーめん 大宮・醤油630円

3/31「ガキ大将らーめん」梅島・黒丸味噌750円

4/5「風神」六本木 豚骨醤油600円 3年ほど前の開店時から、何時か来ることが

と思っていたが、その思いは片思いのようだった。

4/9「味噌屋 門左衛門」埼玉・富士見 九州野菜味噌ラーメン720円・サツマ揚げが入っ

ているのには、なるほどと思った。ちなみに、北海道の「北の大地らーめん」には、焼い

たジャガイモがトッピングで入っているのた゛。

4/13「満来」西新宿・らーめん800円何年ぶりかでたべる。

4/16「七匹のこぶた」埼大どおり・坦々麺800円

 4/20「航海屋」西池袋・醤油600円、何年振りかで食べた。あっさりという印象が、そう

でもないことになっている。

4/22「きび」神田小川町・えび塩わんたん麺800円えびわんたんも含めスープが絶品。

5/1「来々軒」さいたま・三橋「五目そば」550円

5/6「がんこ十二代」大塚・醤油合わせ700円、でもしょっぱい、スープを掬うれんげは出

てこなかった。必要なかったけれど。前の三人には出ていて、後の一人には出ていなか

ったので、単なる不注意なのか。これでは長持ちしないかもしれないね。

5/15「麺屋 金山」鹿児島中央駅・南日本生命ビル地下 金山600円鹿児島らーめん発

けんざんなるも、半熟卵も黒豚の焙りチャシューも旨い。

6/3「ちゃぶや」西池袋・らーめん600円 ぶしょうやのあとに開店した店。しかし器が

違うように、麺は本店と同じなのに、スープの味もフカミが感じられず残念。

西口の「支那そばや」も閉店。違う名前の店に変わっていた。

6/9「ちゃぶや」音羽本店 チャーシュウ麺900円、やはり池袋店の味が本来のものでは

なかったということ。の結論。

6/12旭川「蔦屋」東武デパート12階 辛みそらーめん900円

6/17東京とんこつ「十兵衛」巣鴨・らーめん600円 細麺、ランチ・ご飯、半替え玉サービ

ス、替え玉を入れてもスープはしっかりしているので旨かったですよ。

6/24「まる玉」両国・らーめん550円、開店して随分となるが、細麺で期待どおり、

6/24「初代こうすけ」本郷三丁目東大前・新店 黒味噌らーめん600円 器もいいが、トッ

ピングなど随分と神経を使っていて、今風の店作りと言うところで、そのうちガイドに登場

するのではないかと思う。並びに「破天」「葉佐美亭」がある。

6/28「TYBUYAJAPAN」音羽・講談社前 塩らーめん700円 よく通る道筋なのにこれま

で見つからないでいた、例の「ちゃぶや」が開店した塩専門の店、丁度停車して、目を置

いたところがその店だった。流石に評判になっただけの味で、納得。細めんに、蕩けな

いチャーシューと神経を使ったものであった。

7/9 「虎」北区・神谷 とんこつ600円

7/15「第一ゴールド」ラーメンしょうゆ700円 なかなか美味しい。福島は喜多方が有名

だけれども、全県がラーメンを売っている印象があり、店も多い。

8/3 「いち」東武練馬・線路際 背油醤油650円

8/6「虎」北区神谷 とんこつ600円

8/9「来々軒」さいたま・三橋 味噌らーめん600円

8/12「まねきや」高田馬場・ねぎらーめん700円

11/28「万豚記」・代々木 黒胡麻坦々麺 880円

12/2「玉丹」西早稲田・無頼坦々麺 690円 かなり辛い。

2006/1/13「くじら軒」・新宿 セットうすしょうゆ・チャーシュー丼 1000円

2月「かづや実験工房」御茶ノ水・わんたんめん800円

2月「笑福軒」門前仲町・醤油ワンタンメン750円

3月醤麺「じょんのび」九段 醤油

4/1「味噌屋門左衛門」さいたま・富士見 九州味噌600円

4/16「麺屋 向日葵」北区上十条・濃厚醤油600円 4/15日開店。魚介系のスープと喉

越しのよい麺(大黒屋)は、メニューにあるつけ麺も美味いだろう。ちなみに、普通、大

盛、特盛も同じ700円。チャシューは歯ごたえあるものと脂身のあるもの2種類が入って

いる。他に端麗醤油、塩の3種類。

4/28「光麺」原宿 坦々麺830円

5/4「尾道らーめん」新大塚、蝶鮫ラーメン700円

5/5「マルゲン」蓮沼・マルゲンラーメン630円

6/10「すみれ」東武百貨店12Fみそ800円、しお900円(限定)札幌の名店の出店。

みそは定番ながら美味しかった。東京出店ということもあってか、塩900円は高すぎる。

7/2麺処「蔵六」赤羽 新店 醤油700円ベースが700円は高いのではないか。 評判の

ほどではない。太いメンマも味が薄く、スープの魚介のカオリはあるが、キレのない味、

統一感がないと思う。

7/17「S`ラーメン」高島平 白ねぎラーメン750円

8/11「ひむろ」御徒町 旭川醤油650円 

8/12「山頭火」池袋 辛みそ 800円

8/25「広州広場」大塚 冷やし坦々麺 850円 

9/9「虎」神谷 豚骨600円

9/17「向日葵」十条 濃厚醤油 600円

9/19「花月」東武練馬 豚そば銀次郎 680円 今日始まりの新メニューとのことでダブ

ルスープ、上に豚肉の煮込んだものが乗っていて、なかなかと思う。シャーシュー2枚の

サービス券が付いている。

10/5「八雲」中目黒 黒だし650円 場所が分からずにいたところ、今日偶然発見して食

べました。多くの人が定番のワンタンを食べていましたが、とりあえず基本の麺を食べる

ことにしましたが、穂先メンマといいシャーシュウといい独特のもので、品格があると思い

ました。次はワンタンを楽しみにしています。

10/15名古屋新幹線ホーム「きしめん」いかきしめん450円時間がなく急いで食べたけれ

ど美味しかった。他のメニューは500円以上したので、少し高いのかな。

10/21「虎」北区神谷 豚骨純製らーめん600円今回も替え玉を注文した。

10/30 「支那そば(日高屋)」川越 温玉ラーメン490円

11/11靖国神社「ラーメン」600円細麺の普通の醤油らーめん

11/18「すみれ」池袋・東武 みそらーめん900円 北海道札幌からの出店で2度目だが

いかにも高いね。プロデュースと知名度、場所を考えれば致し方がないのか。

12/10「向日葵」十条 濃厚醤油 600円

12/16「花月 寅」板橋本町 太郎650円


2007年

1/6「向日葵」十条 端麗醤油 600円

1/14「虎」北区神谷 博多とんこつ ラーメン600円

1/22「冬馬」赤羽南口・醤油600円最近急速に店を増やしているが、東口にもあり、北海

道の北をイメージさせるネーミングが、岩見沢で珍しいが、それほど特徴があるわけでな

く、なかなかリピーターにという気にはなれない。

2/4「鬼平」赤羽一番街 新店 中華そば650円、中華蕎麦とつけ麺の2本立て、スープ

は和風のダシが出ていてなかなか、麺中太で歯ごたえがある。

2/10「彩花」赤羽駅構内 彩花らーめん600円 あっさり薄味具に白菜が入っているのが

特徴。

2/16「玄蔵」東十条 玄流麺650円 とつけ麺の2種類だが、玄流麺は細麺でほどよい喉

越しがスープの味と相まって良かった。今度はつけ麺にチャレンジすることにする。

2/25「海の見えるレストラン」沖縄・南城市 ランチバイキングの中のソーキソバ 麺の

白さとスープのあっさりした味は期待通りだった。

2/28「勝丸」目黒 醤油650円 数年ぶりに訪れたが、オーナーも元気そうであった。店

もリニューアルされていて、テーブル席もあり座席数が増えている。味はこのページのベ

スト1にいれているだけに文句はなかった。

3/13「向日葵」十条 八香味つけめん700円 ピリカラの複雑な味のする新メニュー。

3/19「白蘭」駒込 坦々麺650円+ライス100円 神田にある「百蘭」と同じ感じの坦々麺

で、店の人が注文の際辛いですよ、言うくらいですが、麺を食べた後のスープにライスを

入れて、2度美味しいというわけです。

3/27「麺屋ごとう」西池袋・あつもり 中600円 芸術劇場に出かけたついでに寄ってみた

ところ、店の外には並んでいなくて5人待ちで食べられた。

4/17「めじろ」代々木 らーめん630円 なかなか車を止められずにいたが、やっと駐車場を発
見、初見参。席も空いていてよかった。麺、チャーシュー、シナ竹ともに存在感があって合格。

4/28「千石らーめん」王子 つけ麺630円 なかなかでした。

5/4「胡山」赤羽 辛味噌らーめん800円 GWのなのか12時に客か゜いず帰りまで誰も来なかっ
た。店主は、麺をほぐして計量して、玉を作っていたが、何のためだったのか。

6/7「台風」小石川5丁目 らーめん600円 新店 麺は色が濃く日本そばのよう、スープは魚な
どの風味もあり、かなりドロッとしている。チャーシューではなく、肉を油で揚げてある。シナ竹
は四角になるくらいにしっかりしているが、若干味が薄いかなとも。らーめんとつけ麺の2種類
で、今度はつけ麺を食べてみたい。

6/13「麺屋秀虎」大山 秀虎らーめん正油 500円 スープがダブルのようで、麺もなかなか。

6/18「くじら軒」新宿 支那そば700円 数年ぶり

7/2「麺屋 向日葵」十条 二ヶ月ほど休んでいたが、再開とのことで 濃厚醤油700円を食べ
てきたが、味は変わっていない。

7/9「喜多方らーめん」赤羽東口 喜多方らーめん550円

7/22「二天」池袋 豚天らー麺 780円 久しぶりに豚天を味わう。昼どきだったが空いていて
待つ事無くたべられた。

8/11東京らーめん「つなこし」滝野川 らーめん600円 オーソドックスなダブルスープか

8/28とんこつ「虎」赤羽神谷 つけめん中 300グラム 800円 新メニュー平日のみ ストレート
チュ細麺で喉越しもよく、そのうち看板メニューになると思われる。

9/2「麺士 武双」赤羽西口 赤(背油)680円 黒(蝦油)680円新店、元武蔵で働いていたとの
ことである。兄弟で開発したメニューであるとのことだが、チャーシューも分厚く、シナチクも味
はよかったがスープが熱くないので、食べ終わる頃は、スープを飲む気がしなくなった。

9/14「麺屋 龍」赤羽 龍らーめん 550円 初めてだが、なかなか正統な味がした。

9/30「三千らーめん」北区志茂 新店 らーめん600円(中盛も同額)特別な感じはない、麺茹
でが柔らかい、食べている内に延びた感じになる。激辛は坦々麺風で相当に辛いので注意。

11/11「龍の家」久留米本店・東武デパート出店 とんこつこく味 780円 テレビで9月に出店
の報道があったので、お歳暮の早割りの申し込みを兼ねてでかけた。10人ばかりの行列があ
ったが、15分位で食べられた。なかなかの味だと思ったが、「砦」のすっきり、「虎」のあっさりの
方が、私の好みにあうと感じた。

11/22「こうや実験工房」御茶ノ水 わんたんめん840円 久しぶりに立ち寄ったが空いていて
殆んど待たずに食べられた。大振りのワンタンの迫力はいいね。

11/23「博多一風堂ー高田の馬場」白丸ランチ750円 久しぶり。

12/1「胡山」赤羽 味噌らーめん750円良く行く店。

12/3「なんつッ亭池袋店」辛味噌ラーメン(12月2,3,4日期間限定)800円11月開店の新店。

評判の店だけあって、なかなかスープ、麺とも素晴らしい。

12/13「エースコック頑者」本川越の名店のカップ麺だが、Wスープはなかなかに再現されてい
るとおもった。同時に、つけ麺も出ている。


2008年

1/5「らーめん六白」王子 醤油ラーメン580円細麺背脂があるも意外とあっさり 食べやす
い。

2/9「虎」北区神谷 純正らーめん600円

3/1「バーミアン」赤羽 坦々麺480円

3/10「ラーメン博物館」新横浜春木屋 メンマらーめん800円初めて念願のらー博に行ってき
た。

月曜日だったが、若い人やカップルが多く、店によっては並んでいるところもあり、5分待ちの
書き込みもあって、何枚か写真も撮ってきた。春木屋は期待通りとはいかなかった。麺の量も
少ない気がシタシ、普通の人でも2杯は食べられる。従って値段が高いと思う。一階のミュージ
アムは全くお土産所と化しているし、上階に展示施設があったのかも知れないが、展示をもっ
と充実させて欲しい。というのが簡単な感想です。

5/24札幌駅前「一国堂」みそらーめん 700円 残念ながらある程度おなかに入っていた為、
一気に賞味できなかった。

7/6「胡山」赤羽 つけ麺680円

7/17「ファミールコート」赤羽ヨーカ堂内 山形冷やしラーメン650円 初めて山形冷やしを食
べたがスープがやはり水っぽいので、期待はずれ。

7/26「めじろ」代々木 醤油650円

8/「道頓堀」成増 醤油650円念願の店だったので、6、7人待ちであったが、全体として期待は
ずれ。麺は感触もくて、つけ麺にはよいのではないか。

9/12岩見沢らーめん「冬馬」赤羽南口 つけめん650円 麺北海道産 縮れ緬に特徴

11/11「ファミールコート」赤羽ヨーカ堂、新潟ラーメン680円

11/16王子「千石ラーメン」醤油680円

11/20「麺処ほん田」東十条 新店「一週間」で報道の店、開店時間の11時30分に並んだが

10人ほど、一巡で店に入れず、食べ終わるまで25分。あっさり650円。麺は白い細めんで

スープはおもったよりもしっかりした味がある。メンマ、チャーシューもよい味だ。こんどは

こつてりを試してみよう。 

11/17「せい家」赤羽・ららガーデン 12/16開店 らーめん500円スープは一種類、トッピング

各種。餃子もあり。つけ麺なし。

12/24「大ふく屋」赤羽東口1分中華そば 730円、お勧めの重厚中華そばは次回にして、魚介系の

すーぷの中華そばを食した。開店の11時30分の10分前に到着、先行2人で首尾よく一巡目に

食べられた。待ち時間14分、スタッフは男4人、女2人。15席の店にしては多すぎるのではないか。

スープ、麺、チャーシュー、メンマとも文句なし。次は重厚を食したい。


わたしのランキング


 醤油味スープ

1・支那そば 勝丸 支那そば650円 目黒区目黒2-8-10

03-5434-5230  塩、味噌、ミックスがあるが、醤油が一番


2・満来 ラーメン800、ざるラーメン850円 新宿区西新宿1-4-10

03-3200-0784  手打ち麺、ここのチャーシューは仰天もの

(新宿店は廃業・従業員が別の場所に開店との情報がある)


3・柳麺 ちゃぶや チャーシュウ麺900円 文京区音羽1-17-16

03-3945-3791  とろける焼豚は必食、焦がしエシャーレットが入っている。

(一時期、イベントに出店で閉めていたが、今年また店を開いている。)

4・斑鳩 特製らー麺880円 千代田区九段北1-9-12

03-3239-2622 天然素材、魚介風味 日々に進化している。

5・瞠(みはる) ラーメン650円 豊島区東池袋1-31-16-1F 

豊島区区役所近く 20044月開店 03-3971-7974

渡辺樹庵氏プロデュースとのこと。

6・渡なべ らーめん700円 新宿区高田馬場2-1-4

03-3209-5615 しなちくに注目 渡辺樹庵氏の店。

7・中華そは 高はし 高菜麺900円 千代田区飯田橋3-11-30

03-3239-5274 

8・青葉(新宿御苑) 中華そば650円 新宿区新宿1-31-3浜野ビル

03-3351-8810  中野・青葉の出店。

9・屋台屋(上馬) 鳥そば650円 世田谷区上馬4-11-26

03-3487-0960 澄んだすーぷに特徴。

10・麺屋武蔵 青山 味玉ラーメン800円 港区南青山2-3-8

03-3796-8634 武蔵の1号店。


番外・麺屋 阿闍梨  一番だし醤油らーめん700円 2004年閉店  

 新宿区富久町11-5 03-3351-1550

(閉店して既に2年近くになる。)


番外・支那そば 蘭丸  醤油800円  江東区大島1-38-803-3684-8585

番外・こうかいぼう  らーめん600円  江東区深川2-13-1003-5620-4777



(スープ別)ベストスリー


味噌ラーメン


1・らあめん 一福 味噌ラーメン600円 渋谷区本町6-6-4

森田マンション1F  03-5388-9333

5種類の味噌のブレンドによるやさしいおふくろの味

2・さっぽろ純連 みそらーめん800円 新宿区高田馬場3-12-8

03-5338-8533 北海道純連の直営店、熱いスープ。

3・六白三平らーめん 黒味噌ラーメン700円 新宿区百人町1-23-22

03-3365-5501 鹿児島の人気店



塩ラーメン


1・ぜんや ラーメン600円 新座市野火止4-9-8

048-477-2232 中国の天然塩使用。独特の専門店。やはり2時間並んで食べた。

2・北海道らーめん 箱館や 塩そば600円目黒区自由が丘1-14-16

03-3725-4270黄金色のスープが食欲をそそる。季節限定もある。

3・らーめん 神田山形家塩ラーメン700円千代田区神田須田町12-12

03-3252-8088 (1日30食限定)しばらく行っていない。


トンコツラーメン


1・麺の坊 砦 砦らぁめん700円 渋谷区神泉町20-30

03-3780-4450 一風堂ラー博の店長から独立。真っ白いスープ。


2・角煮そば本舗 英二 角煮そば600円板橋区宮本町63-12005年閉店

03-5915-0146 夜だけ開いている。

(閉店、その後の情報はない。)


3・九州じゃんがらラーメン全部入り980円 渋谷区神宮前1-13-21

03-3404-5572 都内に数件の系列店がある。


つけ麺

1・頑者 つけめん 650円 川越市新富町1-1-8

049-226-1194 開店早々2時間並んだことがある。

2・らーめん天神下大喜 つけそば700円 文京区湯島3-47-2

03-3834-0348自家製麺 何度かベストテントップに輝いてる。

3・高はし つけソバ550円 らぁ麺500円 北区赤羽1-16-303-5249-3507         

常に行列がある。昼と夜数時間だけ開いている。

番外・せたが屋 せたが屋ひらつけ1000円 世田谷区野沢2-1-203-3418-6938

昼には「ひるがお」として、別な塩メニューの店になる。


ワンタンメン

1・四谷 こうや ワンタンメン850円新宿区四谷三栄町8番地 

03-3351-1756大きなワンタンに驚く。系列の店も美味い。

(昨年、火事になったとのことだが、再開したとの情報はない。)


2・らーめん笑福軒 ワンタン麺750円 江東区門前仲町1-13-9

03-3630-3431味噌、塩もある。サービスの餃子もお薦め。

3・支那そば  かづ屋 ワンタンメン850円 目黒区下目黒3-6-1

03-3716-2071 さっぱりした醤油スープ こうやの流れといわれている。



坦々麺

1・紅虎餃子房 黒胡麻坦々麺880円牛筋麺780円

世田谷区奥沢(自由が丘)2軒ある、サンシャインその他に系列店あり。

2・らーめん亜寿加 排骨坦々めん900円 渋谷区桜丘町2-11萩野ビル

03-3461-3383 自家焙煎のゴマと自家製のラー油を使う。

3・百蘭 坦々麺680円 千代田区神田(近くに神田二郎も在る)

麺を食べた後にスープにご飯を入れてかき混ぜて食べる。

番外・万豚記  四川名物黒ごま坦々麺 世田谷区三軒茶屋2-13-2203-3487-4551

代々木、その他に類似店、系列店が都内各所にある。



その他の麺

1・東京麺珍亭 油そば600円 新宿区早稲田鶴巻町1565

03-5287-7467 油そばブームの火付け役となった店。スープ麺もあり。

2・刀削麺荘 麻棘刀削麺680円 千代田区富士見2-2-3

03-3263-6088 手で削って湯に入れる、スープはラーの味。

3・白龍 トマト角煮湯麺1350円 新宿区西新宿6-25-10

03-3343-1077 生のトマトが入ってる、新発見。

4・山手ラーメン とうがらし麺600円 ゆき600円渋谷区富ヶ谷2-21-7 駒場近く。03-5453-7920 

スープのベースはとんこつ。唐辛子麺の赤の色には仰天するが、病みつきになる。

5・蒙古タンメン 中本蒙古タンメン550円 板橋区桜川3-5-1

03-5398-1233 池袋西口にも出店。麻婆豆腐が乗ってるような迫力と

辛さには圧倒される。

6・九十九とんこつラーメン 元祖丸究チース゛ラーメン650

渋谷区広尾1-1-3603-5466-9488 

田中農場で作った、トムチーズを粉末におろしてかけたこってり味



(付録)ラーメン関係書籍目録 


ラーメンという不思議な食品を巡る世界のありようは、近年ますます膨らみを持って喧伝

され、世界的な視野のうちに、捉えかえされるようになって来た。

横浜のラーメン博物館の盛況、大宮の「七福人」や海老名の「全国ご当地らーめん処」な

ど全国的な展開、渋谷、池袋の5店から7店のラーメン集合店と、ラーメン評論家の輩

出、からフードアーチストなどの出現。テレビの特集は軒並み高視聴率を得るなど、行列

のできる店の現状とその後の動きは私などの素人にも問題意識を感じさせるところまで

来ているように思う。

ラーメン1杯、700円、800円というのは常軌を逸している。恐らくこんな時代は長持ちしな

いだろう。資料となる冊子類の提示をしておきたい。

ここには、首都圏版のみを掲載することとした。


『炒麺・炒飯・粥』松本秀夫(辻調理師専門学校)

新潮文庫

昭和60年10月25日初版発行


『なるほどザ・ラーメン』林家木久蔵

かんき出版

昭和56年12月21日初版発行


『佐野実、魂のラーメン道』竹書房

2001.10.30初版発行


『東京たべもの探検』文芸春秋編

1984.7.15第2版発行


ぴあBOOK『ほんとうに美味しい店』ベスト100・ラーメン

ぴあmooka

1994.4.23第3刷発行


『ラーメン大研究』ラーメン研究会編

サンドケー出版局

1994.6.10初版発行


山本益弘の東京たべる地図『めん 麺 パスタ』昭文社

1995.5.1初版発行


ぴあ『ランキンググルメ』全359軒

ラーメン127軒

読者投票

1997.3.25初版発行


『TOKYO一週間』講談社

1997.12.2創刊2号

ラーメン四天王推薦

「超旨ラーメン48杯」


『ラーメン王国の歩き方』武内伸(新ラーメン博物館)

1999.12.20初版発行


たべあるき『ラーメン』垂涎の275店・昭文社

1999.2.15初版発行


『嗚呼! このラーメンがうまい』ズームイン朝!責任編集・日本テレビ

2000.9.30初版発行


『ラーメンマップ 埼玉4』

2000.11.20初版発行


東京の『ラーメン屋さん』ドットコム・JTB

人気ホームページが本になった

2000.12.1初版発行


『ラーメンの経済学』河田剛(企業アナリスト)・角川ONEテーマ21

2001.9.10初版発行


週刊現代2001年『最強のラーメン』講談社MOOK

2001.3.30初版発行


石神秀幸『ラーメンSELECTION2002』双葉社スーパームック

石神秀幸の丸秘ラーメン情報掲載。

2001.12.9初版発行


まじうま!史上最強『21世紀ラーメン』ぴあ

2001.3.1初版発行


全国ご当地『即席めんカタログ500!』英知出版

全国即席めんが通販で簡単に買える

2001.12.5初版発行


『ラーメンを味わいつくす』佐々木晶(東京大学助教授)

2002.1.20初版発行


『ラーメンの誕生」岡田哲(食文化史研究家)

ちくま新書

2002.1.20初版発行


「TOKYO WALKER」「東京のめちゃめちゃうまい店」369店

2001.11.29発行


たべあるき『ラーメンガイド2001年版』

怒涛の280店

2001年1版6刷発行


首都圏2002年版『ほんとにうまいラーメン店』成美堂出版

2001.11.10初版発行


『無敵のラーメン論』大崎裕史・講談社現代新書

2002.3.20初版発行


2003年版首都圏『ほんとうにうまいラーメン店300軒』成美堂出版

2002.11.1初版発行


「散歩の達人」2002年5月号


「ナルト必須!東京ラーメン」

2002.5.1発行


最新!最強!『究極のラーメン2002』ぴあ

まじうま500店

20022.20初版発行


Hanako「実力派ラーメン142」

東京激戦区

2002.2.6発行


『日本ラーメン大全』飯田橋ラーメン研究会

1998.9.5第2刷発行


『最新人気のラーメン』中国麺料理・旭屋出版

全国の人気ラーメン店244店

繁盛ラーメン店の秘伝公開

2001.5.19第8刷発行


『おいしいラーメン屋さん』成美堂出版

懐かしい東京ラーメン回想記・なぎら健壱

1999.1.10第2刷発行


石神秀幸『極うま!ラーメン』双葉社

2001.5.26初版発行


『絶対食べたいラーメン店』220軒・成美堂出版

2002~2003

2002.2.20初版発行


『メチャうま!ラーメン246杯』ラーメンマニアが実食・厳選・河出書房新社

2002.11.30初版発行


週刊現代2002年『最強のラーメン』講談社MOOK

2002.1.10初版発行


『噂のラーメン2003』日本出版社

300杯

2002.10.15初版発行


『必食ラーメン店』220軒・成美堂出版

2003~2004

2003.2.20初版発行


『ラーメンSELECTION2003』石神秀幸・双葉社スーパームック

選び抜かれた珠玉のラーメン125軒

極秘情報掲載

2002.12.8初版発行2013年07月19日2013年07月19日


『噂のラーメン2004』首都圏版 麺喰倶楽部編・日本出版社

食べて選んだ350杯

2003.11初版発行