受贈詩書2018

いのちの籠白紙白紙

アンソロジー『詩国八十八ヵ所巡り』(燈台ライブラリ3)発刊 !

嶋岡晨編・解説(洪水企画発行・草場書房発売)新書版192頁1300円+税 2017年1月31日発売。

嶋岡さんの付記には、「年二回発行の〈詩と音楽のための〉雑誌「洪水」主宰池田康氏より要望があり、いわゆる「戦後詩」とその前後において注目される重要な詩八十八編を選出、四国八十八ヵ所巡礼になぞらえ『詩国八十八ヵ所巡り』(このタイトルも池田康氏の発案)といったものを試みてみた。提案者の期待したほどの成果をおさめたかどうか、全く自信はないが、こうした試みもムダではあるまいという程の思いはあり、あえて上梓を同氏にゆだねた。なかには大きく一時代を画した詩・詩人もあるはずで、後代を継ぐ人々にとっては、必ず何らかの糧、導き、道標として役立ってくれるに違いない。その巡礼に、笠も白衣も錫杖も必要はなく、ただ背を押すポエジィがあればよろしい。」

内容は、峠三吉、鮎川信夫、山本太郎、田村隆一、谷川雁、黒田三郎、関根弘、宗左近、石原吉郎、金子光晴、天野忠、長谷川龍生、黒田喜夫、秋谷豊、菅原克己、飯島耕一、木原孝一、嵯峨信之、木島始、真壁仁、清岡卓行、石垣りん、川崎洋、伊藤桂一、井上俊夫、会田綱雄、山田今次、吉野弘、谷川俊太郎、城侑、山村暮鳥、高村光太郎、萩原朔太郎、佐藤春夫、西脇順三郎、田中冬二、宮沢賢治、八木重吉、丸山薫、北川冬彦、三好達治、尾形亀之助。高橋新吉、富永太郎、小熊秀雄、村野四郎、中野重治、春山行夫、草野心平、小野十三郎、山之口獏、瀧口修造、竹中郁、近藤東、坂本遼、原民喜、神保光太郎、永瀬清子、伊東静雄、高見順、中原中也、井上靖、津村信夫、菱山修三、槇村浩、立原道造、淵上毛銭、串田孫一、野村英夫、吉田一穂、安西均、吉岡実、中桐雅夫、三好豊一郎、那珂太郎、北村太郎、吉本隆明、茨木のり子、中村稔、新川和江、大岡信、白石かずこ、入沢康夫、三木卓、荒川洋治、葵生川玲、嶋岡晨。

本書の刊行案内には、「四国八十八ヵ所巡礼になぞらえ、近現代を代表する八十八人の詩人の作品を集めて百年の心の歴史をたどるアンソロジー。この一冊を繙く巡礼は、時代的視野を広げまた深め、詩の生まれる意味を考えさせ、文芸による心魂の浄化の可能性を証し、人生にきびしい核をそなえた真摯さをもたらすだろう。」とある。

八十八編・八十八人のなかに選んでいただいたのは大変光栄なことで、存命な詩人は九人に過ぎず、いずれも代表作、日本の近・現代詩にとって欠くくことのできない詩人たちであることを改めて、知ることになった。2017年1月27日  (葵生川玲)




いのちの籠


「いのちの籠」32号が仕上がりました。

2016年2月26日に購読者の方々に発送を済ませました。

「読書会」は3月12日(日)午後1時30分から、東京北区・赤羽会館第4和室で行います。会場費300円です。





「いのちの籠」第31号(2015年10月25日発行)ができました。
読者の方には、23日に発送を完了いたしました。また、担当している分も同日にお送りさせていただきました。
読者会は、11月15日(日)午後1時30分から、東京北区・赤羽会館第6集会室(電話03-3901-3131)北区赤羽1-13-1で行います。会場費・300円(前回までの、池袋勤福は都合により使用できなくなりましたので、変更になりました。ご注意ください。